近年増加し続ける外国人労働者により、これまで事業所になかった環境の変化が間違いなく起こります。
その中で、変化をストレスに感じるのではなく、少しでもプラスの方向に変えていく取り組みが必要となってきます。

まず第一に、外国人と日本人では価値観が異なるため時に思わぬトラブルを巻き起こすことがあります。
ここで重要になってくることはやはりコミュニケーションにより日本人・外国人の相互理解を深めることにあります。
外国人の日本語能力を向上させることで日本人とのコミュニケーションが円滑になり、生産性向上に繋がります。職場をボーダレスな環境に変えていく中で必ず言語の問題は出てきますが、事業所によっては日本語学習の時間を取られている事業所様や自治体の開催する外国人向けの日本語学習の機会を有効に活用されている事業所様もございます。
昨今では音声自動翻訳機等のツールの精度も上がってきておりますのでこういったものを利用するのも一つの方法です。

第二に、やはり海外からやってくる外国人には日本のコミュニティに溶け込むまでには時間が必要です。どこへ行っても母国語以外の言語が飛び交い、母国の言語を話す機会もほとんどないような状況では外国人も孤立してしまい、ホームシックにかかる方もいるでしょう。こういった環境にしないためにも、病院やスーパー等の利用に関わる生活支援や行政手続き、生活する中で利用する施設等の場所など生活者として自立できるまでは事業所一体となって積極的なサポートが必要不可欠です。