よくある質問

現在選択中のカテゴリ

回答一覧

  • Q1. どれくらいの期間、雇用可能ですか?

    A1. 基本的には5年、3年、1年の在留資格申請になっておりますが、更新していただければ原則期限の限りはありません。

  • Q2. 就労ビザの取得は簡単ですか?

    A2. ケースバイケースにはなりますが、大前提として人材の大学での専攻分野と企業様の業務内容の適合が必須です。このほか、入国管理局では企業様の雇用能力・人材の素行など数項目が審査対象になっておりますので一概に簡単とは言えません。ですが、当社提携の在留資格専門行政書士にて申請サポートさせていただきますのでご安心ください。

  • Q3. どれくらいの給与で雇用可能ですか?

    A3. 在留資格の規定文言に『日本人と同等の給与』と記載されております。企業様の大卒採用標準給与を雇用条件にしていただければ概ね問題はありません。

  • Q4. どのくらいの期間で入国可能ですか?

    A4. 在留資格取得審査期間によって変わりますが、流れといたしましては求人票の作成から面接・本採用までが概ね1〜2カ月、在留資格審査期間が1〜3カ月程度かかります。その後ベトナム在日本国大使館にてビザの発給となりますので最短で4カ月、最長で6カ月程度とお考え下さい。

  • Q5. 日本語レベルや生活習慣への適応は大丈夫でしょうか?

    A5. ベトナムで正式な許可を取得しております提携会社での日本語教育・日本の文化・習慣を事前教育しております。入国後の万が一の場合でも当社の社員が通訳可能ですので、ベトナム提携会社との協力も含めサポートも万全の体制を取らせていただいております。日本語レベルに関しては募集段階での面談にて、より企業様にマッチした人材を紹介できるようご提案いたします。

  • Q6. 面接は現地に行かないといけないのか?

    A6. 可能であれば現地面接での現地教育の視察・日本語レベルの確認や現地の環境を体感していただきたいとは思いますが、万が一ご多忙の場合でもスカイプを利用しての面接が可能です。

  • Q7. 居宅や飲食費等の生活費はどうすれば?

    A7. 基本的には日本人と同等の給与を支給いたしますので、人材の負担となります。ただ、住宅手配や買い物等、生活の初期支援があれば人材も安心して日本での生活に溶け込めるでしょう。また、入社当初は十分なお金も持っていませんので生活支援に関する援助は少なからず必要でしょう。

  • Q8. 人材育成においてどういった点が重要になるのか?

    A8. 当社からもご採用の後には、外国人材活用好事例集を提供させていただいておりますが、人材育成に関わる初期段階で重要になってくるのはやはりコミュニケーションを取り人材を理解することが大事になってきます。『共生』していくわけですから、人材本人の育成ももちろんではありますが雇用側としても日本人社員とのバランス、より働きやすく円滑に業務が回るように改善点がないか環境の整備という点も無視はできません。

  • Q9. 東京・大阪・福岡など大都市圏以外でも人材は集まるのか?

    A9. この点に関して、海外から日本に来て働く人の中では大都市圏でもその他地域でも変わりはありません。逆にいうとすでに国内に数年居住している留学生たちは情報もよりたくさん得られますから、大都市圏が人気であることは否めません。

  • Q10. 日本語の能力が高い人がいいんだけど・・・

    A10. 当社は企業様とのヒアリングにより、日本語能力重視の場合は留学生採用のご提案をさせていただいております。
    総じて平均N2レベルの日本語力を持ち、日本の生活環境にも適応済みです。
    詳しくはお問い合わせください。

HOME > よくある質問